« きのこまん王子 青森へ行く | トップページ | 今年の目標 »

2006年12月31日 (日)

歌舞伎者とはワタシのこと

華の慶次を再読しました。

こ、、、これだ。この生き様こそワタシにふさわしい。

ということで今日からきのこまんは歌舞伎者になりました。

まず最初の傾きは、これにします。

まだ、新年になってないけど、

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしく

|

« きのこまん王子 青森へ行く | トップページ | 今年の目標 »

コメント

笑顔を描くのに苦労したって話。
確かに北斗の拳はまったく笑顔無いからねぇ...
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20061201

投稿: jispa | 2007年1月 1日 (月) 20時58分

>jispa君
10年以上前のジャンプ全盛期の漫画って
今読んでも全然古くないしインパクトあるよな~

そのリンク読んだ限りの印象では
最近の漫画の質の低下は漫画家じゃなくて
編集社の内部構造が問題な気がしてきた

投稿: きのこ様 | 2007年1月 3日 (水) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152924/13284397

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎者とはワタシのこと:

« きのこまん王子 青森へ行く | トップページ | 今年の目標 »