« そこに壁があるからさ(´ー`) | トップページ | 一生モテ期 »

2008年6月26日 (木)

小鹿物語

さて、にわかクライマーきのこです。

クライミングには指の力が必要ですが、体重もある程度
重要です。ぜい肉は明らかに負担になりますからね~

ということで、いい機会なのでジムに通うことにしました。
さっそく道具も揃えて会員登録して行ってきました。

俺は昔、スイミングスクールに通っていて、一通りの泳ぎはできるんです。
たっぷり泳いでやるぜー(#`Д´)

バチャバチャ・・・

アバババババ・・・・・

どう見ても泳いで無い。むしろ溺れてます(;´д`)・・・
おかしい・・(;´Д`)・・・

泳ぐのはすぐやめました。これは無理だ。
ジムでは色んなレッスンもやってるらしいので、
スイミングレッスン受けるしかねーー!

泳ぐのはしばらく諦めて、マシントレーニングだ。
使い方がさっぱりわからないのでスタッフに聞いて
やってみました。

まずは懸垂マシーン
腕にかかる負荷を調整できるやつです。

トレーナー「はいはい・・そんな感じで。いっか~~い・・にか~い」

きのこ(;´Д`)。o O(うっ・・これはきつい。もう無理だ)

トレーナー「はい、頑張って!あと3回!」

きのこ(;´д`))。o O(無理無理・・もうダメ・・)

トレーナー「じゅっか~~い」

きのこ(´ー`))。o O(ほっ・・なんとか10回できた)

トレーナー「はい!あと5回!」

きのこ(;´Д`))。o O(な・・なんだってーー!)

こんな調子で色んなトレーニングして、小鹿のように
プルプルしながら帰ってきました。

ガンガって続けるぜ(#`Д´)

-------------------------------------------------------
今日から始まった。
・プーキーの一言日記
我輩は亀である。名前は既にある。プーキーである。
亀界のハンサム王子って呼ばれてるんだぜ。よろしくな。

-------------------------------------------------------
今日の募金:22円

|

« そこに壁があるからさ(´ー`) | トップページ | 一生モテ期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152924/41649680

この記事へのトラックバック一覧です: 小鹿物語:

« そこに壁があるからさ(´ー`) | トップページ | 一生モテ期 »