« 靭帯断裂地獄日記その100(忘れた) | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日① »

2010年11月 1日 (月)

靭帯断裂地獄日記その101

※足首靭帯断裂の関係日記は新カテゴリーの「靭帯断裂地獄日記」に移動されました

さて、さかのぼって入院初日のお話。

10月28日木曜日。

入院するために世田谷区の病院に向かいました。
前回、松葉杖で電車に乗って病院を往復したんですが、あれはあり得ない。
あの長距離をよくもまぁ、往復できたものだ。

看護婦さんに話したら

「馬鹿すぎます。死んだほうがいいです」

と言われました(ウソ)
とにかく無謀すぎると言われました。いや、まじあれはあり得なかった。


ということで今回はタクシーで向かいました。
持っていくものは・・・

タオルとか着替えとDS。
ああー11月11日以降だったらタクティクスオウガがPSPで出るのにー
DSもやるゲームはもう無いけど、仕方が無くシレン4を持っていくことに。


ささっと入院手続きを済ませ、さっそく4人部屋に御入室。
動きやすい格好に着替えて、とりあえず待機。

明日の手術は午後、たぶん15時くらいですよ。と聞かされ、手術後はしばらくお風呂は入れないので今日のうちに入ってくださいということなので、ケンケンしながらシャワーを浴びた。

Σ(゚д゚lll)ガーン

シャンプー忘れたし。

そのあと体温はかったり血圧測ったり。

手術するときはフンドシみたいな、T字帯とかいうのを着けないといけないらしく、売店に買いに行った。
お、今日はヤンジャンの発売日だった!
(*゚Д゚) ムホムホ


ヤンジャンはあっという間に読み終わった。

すごく暇である。


仕方が無いのでシレンでもやるか。
シレン4。
このゲーム、面白いんだけどバグがいくつかあって、よくフリーズする。
もうちょっとで最強武器ができる!!
ってところで、3回ほどフリーズして、既にやる気をなくしていたんだけど、今回また持ってきた。

ロープレとかだったら夢中でできるんだろうけどなー。
足が悪いとゲームを買いに行く、とか色々な準備すらままならないので仕方が無い。。。


そうこうしてるうちに晩御飯の時間になった。
入院するのは初めてで、病院食はまずいってイメージがすごくあったんだけど、意外においしかった。
ただ、トマト率が高いのには少々うんざりしてしまった。。。


病院では9時過ぎに消灯。
早すぎる。
全然眠れない。


すごく暇である。切実に暇である。

怪我してから3時間以上連続で眠れたことが無いんだけど、未だそれは変わらず、寝ては起き、寝ては起き。。。
シレンもいい加減飽きてるけど他にやることないし・・・

深夜1時頃、部屋がドタバタと慌しくなっていた。
同室の人の手術が今から始まるらしい。
もう1時過ぎてるぞ。。。
すごくうるさい。

どうやら緊急の手術が入ってたとかで遅くなってるらしい。
3時過ぎに帰ってきて、またドタバタしていた。

そのせいもあって、その日はほとんど眠れなかった。


ああ、、、夜は長い。

そして朝になってしまった。

|

« 靭帯断裂地獄日記その100(忘れた) | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152924/49906527

この記事へのトラックバック一覧です: 靭帯断裂地獄日記その101:

« 靭帯断裂地獄日記その100(忘れた) | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日① »