« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

ミュージシャンデビュー

さて、ワタクシはというとカバが大好きなことで有名ですが、どこをどう見てもカバにしか見えないムーミンももちろん大好きです。

最近ではテレビ神奈川で朝8時からムーミンを放送してるので毎日録画予約して見ています。
ムーミンって今改めて見てみるとすごく面白いですよ。
全く先が読めない奇抜なストーリーにわがまま放題なムーミン谷の住民たち。
すごく見るのが楽しみです!


そんなムーミン谷の中でも人気の1人。スナフキン。
ワタシも最近彼の真似をして帽子をかぶったりしています。

そして先日もビデオに録ったムーミンを見て思いました。

( ゚д゚)ハッ! これだ!!

続きを読む "ミュージシャンデビュー"

| | コメント (0)

片足しか使えないクライマー

さて、火曜日に一ヶ月ぶりに登ってから、4日目の土曜日。
筋肉痛がまだ残っていました。

普通に歩くことすらしていない日常。すっかり衰えすぎてしまった筋肉にはいきなりボルダリングは刺激が強すぎたようだ。
そんな筋肉痛も午後にはほぼ取れたのでまた行ってきました。

天気のよい土曜日の夕方。もちろん空いているに違いない!


そんなワタシの予想はやはり当たり、ジムは空いていました。
しかも見たことない人ばっかりだったな。

意気込んできたものの、やはりやれる課題は限られている(っていうかもうほとんどない)ので適当に5~6級を登る。
タワー裏の傾斜ついてるところあたりに青の□?だったかな、簡単そうな3級があって、これなら片足でサクっとできるんじゃないか?と思って途中までやったらゴールが右足で乗り込み核心ということが判明してガッカリ。


その横にある4級をやっといた。これは簡単だなぁ。と調子に乗ってその横の5級をやったら途中のクロス出すところが左足だけじゃ超きつくて落ちそうだったけど、落ちたらかっこわるいので気合で落とした。
これはきつかった。っていうか両足でもこの課題ってきつくない?
とにかく途中にきついクロスがある5級。やってみたまえ。


そして今日気付いたこと。
片足っていうのは、ホールドに乗ったりスメアしたりするだけに使っているのではなかった!
ちょっと壁に触ったり足を振って体を動かしたり、とにかくバランスを取るのにも片足だけじゃすごく難しい。

ワタシはホールドに乗るのはもちろん、まだ激しく足を振ったりすることもできないので思った以上にバランスが取れないなぁ。
健康な人が片足だけで登ってみてもこのへんわかりづらいだろうな。
とにかく、片足が全く使えないってことはすごくバランスが取れないんだ。

ボルダリングってバランス大事なんだな。と改めて認識。

土曜日はこんな感じでまったりと登って終了。
お腹に肉がたっぷりついているのに帰りにラーメンを食ってしまった。
このくらいなら週2で通えそうだな。
ちなみにまだまだ諸君とセッションなんてできませんからね。

月パス買おうかな。

---------------------------------------------------------
今日の募金:3円

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

ブログパーツを付け替えました! カピバラさん

さて、ほとんどの読者は全く興味なく、気付いてもいなかったと思いますが、実はこのブログの左サイドバーにはリラックマのブログパーツが付いていたんです。

このたび、もう人気も下火のリラックマを取り外し、人気大絶頂。
超かわいいカピバラさんのブログパーツに付け替えました!
ちなみにワタクシは「いわいさん」が大好きであります( `_´)
いわいさん、超かわいいぜ!


ということでお気に入りのいわいさんを枕にしようと思って、クッションを購入しました。
さぞかし肌触りもいいことだろう。これでぐっすり眠れるはず・・・


そのいわいさんクッションが届きました。

続きを読む "ブログパーツを付け替えました! カピバラさん"

| | コメント (2)

ボルダリング:プチ復帰 の続き

ガンガって電車のって普段乗らないエレベータなんか乗っちゃってついにジムに
キタ━━━━(# `Д´)━━━━!!!!
ジムに着く前なのに足首痛くて痛くて・・・(´_`。)ウゥッ
いや!ガンバだ!


ただ、正直松葉杖でクライミングジムに入るのは恥ずかしかった。

「こいつ馬鹿じゃねーの( ゚Д゚)ポカーン」

と思われるに違いない。
受付で鉄さんに月パスの購入を聞かれたが、丁重にお断りしておいた。
さすがにまだ無理だな。


もう夕方だし、空いてるだろ。と思ったら混雑していた。

装具をつけているのでシューズは片方だけ。
間違っても右足で着地することだけは避けなければ。

逆に右足で落ちさえしなければ何とかなるだろう。


ということでプチ復帰だ!!!


どれどれ、WAVEの壁が新しくなってるぞ。
まずは6級から。
( `_´)うむむ・・

片足だとかなりつらくなるな。
でもガバばかりだからまぁ、落ちることはないだろう。

次5級。
この辺もガバばっかりだしムーブも素直なのが多いから片足でも大丈夫だな。

5~6級は一撃!
これで今日から5級プレイヤーに復帰しました。

片足だとだいたい1~2級くらい難しく感じるなぁ。
余裕っぽく書いてますが、久々すぎて超ヨレヨレ。
腕とかっていうより、体力が落ちた。
息があがる(;゚д゚)ハァハァ


 (´ー`)y─┛~~

これは持久力もつけなければ。長物をやろう。いい10bがあるぞ!
( `_´)む!!
これは・・・片足だと超つらい!
できると思っていたけど24/30で落ちてしまった・・・
まぁ、ホールド探しながらだったし、仕方が無い!次は落とす!


とこの辺で休憩していたらプチ捻挫のモモセ君がワタシの真似をして今日から復帰すると言い出した。
ガンガって片足で4級を登っていた。


4級くらいから片足だと、スタートできない、無理なランジ、物理的に無理。
とかいう課題が増えてくるなぁ。
課題によってはできると思うけど、落ちる可能性があるのでやめといた。
片足だと変に落ちたときの受身とか怖いしなー。
うっかり右足から落ちたら今度こそ再起不能になってしまいそうだ。


今日は100%落ちない課題だけやっとこ。
この辺はモモセ君と一周り以上違う年の功というやつだ。
賢さが光っていた。


ワタシとしては実はもっと登れると思っていた。
3級くらいなら片足でも勝負になるんじゃないかなと。
超本気でトライすればできるのかもしれないけど、取れないかもしれないホールドに片足で飛びつくのにはすごく恐怖心を感じた。


心境は綱渡り。
50cmの高さでやったらできるのかもしれない。でもここは10m。落ちたら死ぬ。
そう思うと体が思うように動かない!
まぁ、きっとこの恐怖心には従っておいたほうがいいんだろう。本能なのだ。


あと、ずり落ちが怖いので登れる壁は強傾斜だけ。
強傾斜はワタシがもっとも大好きであり得意な壁なんだ!!
でも高田馬場エナジーってちょっと傾斜弱いよな。片足で登れる壁が少ないぞ。。。混んでるし。


という感じでフニャフニャながらついにプチ復帰を果たしました!
前のように登れるのは恐らく2ヵ月後(医者談)。
今日は凄まじい筋肉痛。おお、心地よい。

週1~2くらいでは登りたいね。(´ー`)

| | コメント (2)

2010年11月24日 (水)

ボルダリング:プチ復帰

さて、足首をボッコボコにしてから1ヶ月ちょい経過しました。

現在は地獄のリハビリ中。
その甲斐もあって松葉杖が片方だけで歩行できるようになりました!!
とはいえ歩いてると足首に熱をもって腫れてくるのでまだまだ短距離だけですが。


とりあえず、だいぶ移動できるようになったので、入院当日にうっかり踏み潰してしまった眼鏡( ━@Д@)を新しく買いにでかけたんですよ。
さぁ、バスに乗ってゴーーッ!
ということで眼鏡が新しくなったんですけど、きっと誰も気付いていないだろう。( `_´)


さて、その後は、この伸びきってボッサボサの髪を何とかしなければ。
手っ取り早く帽子を購入した。
リンクみたいな先っぽが三角にピョコっとなってるというイメージ通りの帽子をゲットできたぞ。
(´ー`)ヨシヨシ


松葉杖、眼鏡・・・そして帽子・・・長い長い旅の末、この3種の神器をついに手に入れたきのこまんことワタクシは、ついにジムに行く準備を整えた!!
実はこの時点でかなりヨレていたが、もうこの勢いで行くしかねぇ!
まったく筋肉がなくなってフニャフニャになってしまった右足(中ボス)、そして脂の乗ったいいお腹(ラスボス)。こいつらをなんとかしなければ・・・


つづく

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

靭帯断裂地獄日記 手術後2回目の通院

さて、先日奇跡の2本足歩行を見せた我らがきのこまん。

さらに調子に乗って、コンビニまで歩いて行きました!!

普通に歩いたら2分半の道のり。
なんかいけそう!

と、意気込んで出発したのはいいものの、三分の一ほど進んだところで早くも足が痛くなってきたぞ。
さらにズルズルヒョコヒョコ左足にすごい負荷がかかるので左足だけがすごく疲れる。
や・・・やばい。

なんどか休憩しながらなんとかコンビニまでたどり着き、ジャンプとヤンマガを立ち読みしてアイスを購入。
ずっと左足によりかかっているため痺れてきたぞ。

ああ・・・帰るのがつらい。


7~8分かかってやっと家まで帰り着きました。
松葉杖のほうがはるかに楽だった・・・

右足はすごくズキズキしていました・・・

「腐ってやがる・・・歩くのは早すぎたんだ!!」


ということでちょっと調子に乗りすぎました。


さて、今日は退院後2回目の通院の日です。
松葉杖をついてヒョコヒョコ行ってきました。
右足は多少負荷をかけても大丈夫になってきたので、松葉杖をつきながら、右足に2~3割の力をかけて歩く。

おお!すごく楽だぞ!!

ほんのちょっと右足がつけるだけで松葉杖での移動が格段に楽になり、スピードも普通の人の徒歩と同じくらい出せるように。
でも、雨降ってるときは不便だね。傘させないし。
両手塞がってるから買い物するときカゴを持つのがすごく大変。

さて、病院についた。


医者「どうですか。右足首はだいぶ柔らかくなりましたか?」

きのこ「結構ガンガったので今はこのくらいまで曲がります」

医者「左と比べて全然曲がってないじゃないですか」

きのこ「これ以上どうやっても曲がらないんですよ。徐々に柔らかくなっていくんかなと」

医者「ダメですよ。もっと力いれてやらないと。こうやって・・・」

これ以上どうやっても曲がらないと感じている足首に思いっきり体重を乗せて強引に伸ばした。


きのこ「ぎゃーーーーーーーっっすっ!!!

医者「逆のほうにも・・・」

きのこ「アバババババババババババ!!

痛すぎて痛すぎて全然力が入らなくなってしまいました。
関節技かけられて、これは折れる!と思ってタップしてるのに技を解いてくれない感じ。

まさに拷問。逆にまた捻挫するんじゃないかってくらいの強烈な痛み。

きのこ「(;´д`)ハァハァ・・・ガンガります・・・」


そして今日からは装具というサポート器具をつけて歩行練習も開始です。
それがこれ

Sougu


ちょっと歩いてみた。

きのこ「イデデデデ!!」

かかと付近が強烈に痛い。やっぱまだまだ普通には歩けないな。
まぁ足首の全ての靭帯をボロボロにしてしまったのだ。仕方が無い。

あまりにかかとが痛いといったらレントゲンを撮ることになった。
また足首をぐいーーーっと曲げるストレス撮影か?!と少々ビビったが普通の撮影だった。

撮影結果は・・・靭帯がブチ切れたときに内側と外側両方とも小さい骨も剥離されたようで影が写っていた。
靭帯がブチ切れるとき小さい骨も一緒にはがれたりすることはネットで調べて知っていた。
ん?内側も?

ってことはやっぱり内側三角靭帯も損傷したみたいだな。
ただ、すごく小さいのでこれくらいなら問題ないって言われた。
少々不安だが、大丈夫っていんだったらそうなんだろう。


んでこの装具。買取になるらしい。
病院に支払うんじゃなくてこれを発売してる業者に直接の支払いになるそうで、支払方法を説明された。

ワタシは「こういう医療器具って無駄に高いんだよな。3000円くらいするのかな・・・」

と思っていたら・・・

13500円だった!!!

Σ(゚д゚lll)ガーン
いくらなんでもボッタクリすぎだろう。
ちょっとしたサポーターだぞ。足元みすぎ。

保険が効くので申請すれば後日一応戻ってはくるらしい。
にしても高い。

きのこ「歩く練習ってことは松葉杖は終わりですか?」

医者「まだまだダメですよ。きのこさんは重症ですからね。自覚してください。松葉杖ついて徐々に力を足にかけていく練習してくださいね」

(;´Д`)・・・

医者「次回は2週間後にきてください。そのとき松葉杖が取れるといいですね。」

に・・・二週間後・・・
まだまだ歩けないらしい。

ボルダリング復帰はまだまだ遠い・・・

ヒョコヒョコでも、もっと早く歩けるかと思ったけど世の中そんなに甘くはなかった。
( ;`_´)

まぁでも松葉杖での移動はだいぶ楽になった。
これで死ぬ思いでアイスを買いに行ってたのがかなり楽になった(゚∀゚)

---------------------------------------------------
今日の募金:23円

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

靭帯断裂地獄日記 手術後18日経過

さて、足首靭帯をブッチブチに怪我してから26日、手術してから18日が経過しました。

前回の日記では全く歩けなかったんですが・・・

初歩き記念ムービーを撮りました。
まぁ、歩いてるだけのつまらないムービーなんですが、ワタシにとっては何とも感慨深いシーンです。
ずっと這ってましたから。視点が高い!!

なんという感動の一瞬。

かかとに重心をおいてあんまり足首を曲げない歩きをマスター。
これはクライミングにも応用できそうだな!!


来週中にはジム行くしかない!!
さすが俺様。

| | コメント (2)

白熊くんの名前が決まっ・・・

さて、先日仲間入りしたアニマルスピーカーの白熊くん。

「パピプペポの段はかわいい」という名規則に従って名前を考えていましたよね。

名前にポをつけると決まったあといくつか候補があがっていたのです。
ポイッチョ君、ポンチョ君、ポン三郎・・・

どれもかわいいですが、、、
さて、どんな名前に決まったのでしょうか!?

続きを読む "白熊くんの名前が決まっ・・・"

| | コメント (3)

2010年11月15日 (月)

白熊がやってきた

さて、毎日毎日動かない足首を必死にモゴモゴやっている今日この頃のきのこまんです。

退院して2週間ちょい経ちましたが、今頃ちょっと遅めの退院祝いを子分Mからもらいましたよ!
どれどれ・・・

↓音出ます

スピーカー・マイク内蔵のアニマルスピーカー、白熊バージョンです!!
かわいいのうかわいいのう。

現在名前を考え中。
( `_´)うーむ
ワタシが大発見した、「パピプペポがつくとかわいくなる法則」に従おう。
今回はポでいこう

ポイッチョ君、ポンチョ君、ポン三郎・・・悩ましいな
( ;`_´)うーむ

| | コメント (0)

靭帯断裂地獄日記 手術後2週間ちょい経過

さて、怪我してから3週間ちょい、手術してから2週間ちょいが経過しました。

こんなに経てばもう歩け・・・・ません!!
やっぱりまだ這ってます。

距骨傾斜角が15度以上だったら足首靭帯はズタボロの重症と言われるなか、脅威の38度という、足が取れなかったのが不思議なくらいの重症を負ってしまったワタクシ。

手術して繋げた外側靱帯も痛いけど、手術してない内側三角靱帯やその他周辺靭帯もボロボロで未だ腫れあがっています。そして超痛い。


とはいえ、当初と比べると格段には良くなってきていて、今日現在、「休め」の体勢ができるようになりました!
つまり左足7、右足3くらいの力のかけ具合で立ち上がることができます。
以前の全く足をつくことができなかった状態から見るとすごい進歩です。
色んな行動も幅が広がってきましたよ!


医者には手術した右足首が左足と同じように可動するように練習してくださいと言われたけど、こっちは全然ダメです。どんなにガンガっても左足の半分も動かない。 Σ(゚д゚lll)ガーン
自分では、もう動かない!ってくらいガンガってるんだけど、実際に見てみると全然動いてないんです。
ひどく靭帯を損傷した人の中には、もう何年も経ってるけど前のように可動させることができない・・・って言ってる人もいて、すごく不安になります・・・


先週病院に行って、「来週から歩く練習を開始しますよ」と言われたときは


(´ー`)。o O (きっと月曜日あたりには多少歩けるようになってるだろう)

と思ったけど、まぁ甘かったですね。
でも今週末くらいにはピョコピョコとでも歩きたいですねー。
多少なりとも歩けるようになればジムにも行けるし。

ただ、やはりボルダリングに復帰してもフック系や乗り込みとか、その他細かい足使いなんかはまだまだ数ヶ月かかりそうです。
ひょっとしたら前のようにはできないかも・・・という不安も。

しばらくは子分たちと3級あたりシコシコすることになるんだろうな。
ああ・・・おっさんの肉体は日々衰えていくというのに。


と、嘆いてみても仕方がないので多少復帰のためのトレーニングも開始しました。
もちろん全ての筋肉が衰えてるわけですが、右足以外で、一番露骨に筋肉が落ちたのが腹筋、背筋。
つまり体幹。
やはりずっと横になってたのが原因のようです。

腹筋とかって普段歩いてるだけでも使ってるようで、たったの3週間ちょっと寝てただけでブニョブニョになってしまいました。見事にお肉も乗ってます。これは元に戻すのは相当苦労しそう。

それにしても寝てばかりいるとここまで一気に落ちるとは、、、自分でもびっくりの弱体っぷりです。
懸垂マシーンにぶら下がって、勢いをつけずに両足を上にあげる腹筋。
以前は十数回できたんですが、昨日やったら6回が限度でした。

Σ(゚д゚lll)ガーン

は・・・半分・・・

しかも超プルプル。


色んなリハビリの道はまだまだ長いようだな( `_´)
ガンガルぞ

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

靭帯断裂地獄日記 手術後12日経過

さて、手術してから12日が経過しました。

今日は退院後、1回目の通院です。
松葉杖ついてヒーヒー言いながら行ってきましたよ。

病院の先生「じゃ包帯取りますね。」

きのこ「ば・・・抜糸ですか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

先生「抜糸はしないんですよ。ここに貼ってるガーゼも勝手に溶けますのでほっといてください」

きのこ「(゚∀゚)!」

近頃噂の溶ける糸でした。
そして、傷口はまだ痛いけど、今日で包帯、シーネは終了!
今日から水につけてもOK!!

そして、動かす練習をします。

先生「左の足と同じくらい動くようにガンガってくださいね」

きのこ「イデデデデ!!ギャーーーーッス!無理無理!!」

先生「でもガンガってくださいね。徐々に動かす練習しないと固まっちゃいますから。大事ですよ」

きのこ「イデデデデデ!!」

傷口周辺が突っ張った感じがあって、さらにすごく硬いです。
左の足の半分も動かすことができない。

うぅっ、、、柔軟性が売りなのに・・・

先生「来週からはちょっとずつ足をついて歩く練習もしますから。靴持ってきてください」

きのこ「(゚∀゚)!」

ということで今日から動かす練習です。
まだ歩ける気はしないので家の中でも這いずりまわってますが、来週には少し足をつけるらしいぞ。

ちょっと疑心暗鬼だけど、希望が見えてきた!!
今月中に軽く登りに行くくらいはできるんじゃないか?

(゚∀゚)

| | コメント (2)

2010年11月 9日 (火)

今年もプラチナ会員

さて、クラブニンテンドーの今年のプラチナ会員向けプレゼントが発表されました!!

WiiやDSなどのゲームを買うと、ポイントがついてきて、そのポイントによってゴールド、プラチナと会員ランクがあがる、アレです。
発売してすぐ買うと早期購入ポイント、ゲーム後のアンケートとか答えてると結構すぐ溜まっちゃいます。

ワタシは今年もプラチナ会員をゲットしました!


プラチナ会員はプレゼントがもらえるんです。
ちなみに去年はゲームウォッチでした。
そして今年は・・・

3つの中から選べるようです。
1:マリオハンカチセット(3枚)
2:25個のバッヂセット
3:卓上カレンダー2個セット

うーむ、ハンカチかなーー。

明日は退院後、はじめて病院へ行く日です。たぶん抜糸かな。

| | コメント (0)

靭帯断裂地獄日記 退院とその後

さて、手術後3日目、月曜日。
この日は退院日。
お昼頃退院することを伝えた。

看護婦「退院時の車の用意はできてますか?」

きのこ「いいえ。平日だしワタシは寂しく1人でタクシー帰るので問題ないです」

看護婦「(;゚д゚)....えっ、大丈夫ですか?気をつけてくださいね。」

ということで窓から見える枯れ枝は結局落ちなかったが退院することとなった。
ちなみに前日も痛みで一睡もできず。
DSも完全に飽きてしまって、全くやることもなく、すごくすごく夜を長く感じた。

退院の手続きをささっと済ませる。
治療費は全部で約12万かかった。(このあと高額医療保険適用でいくらか帰ってくるけど)

おまえら!壁に登る前に着地点に人がいるか注意しなかったり、または上で登ってる人に注意しなかったりするとこんな不幸な目にあうんだぞ。
特にエナジーは混みあってるうえに横や後から落ちてくる人がいっぱいいるから、特に初心者諸君は要注意したまえ。

もしくは絶対に落ちない強さを見につけたまえ。


さて、退院したものの足の状態は入院中とほとんど変わりません。
あとはただ安静にしてるだけ。

足は腫れていて、下にすると相変わらず強烈に痛いので松葉杖での移動はもちろん、家の中を這って移動するだけで痛みがこみあげる。

たかだが足首の怪我だけど、懸垂や、腕立て、腹筋など関係なさそうな運動でさえ全くできませんよ。
やはり家の中でも基本的に横になって足をずっとあげてる状態が続く。
超ストレス。


今回切った外側靭帯と逆側の内側靭帯もひどく痛い。なぜだかかと近辺の靭帯も痛い。
恐らく部分断裂してるのか。とにかくワタシの足首は今回相当なダメージを受けたようでもうズタボロである。

病院と違って段差ばかりの我が家。
トイレに行くのですら困難で、一番困るのはもちろん食事。
シャワーは足をぬらさないようにビニールをグルグル巻き付けて浴びることはできるけど、ひどく疲れる。
漫画の立ち読みはずっと片足で立ってることがすごくツライ。


正直1人暮らしのワタシはこんな状況ではまっとうな生活は無理だが、今回は子分Mが買い物はじめ色々とサポートしてくれたのですごく助かった。おありがとうございます。(-∧-;) ナムナム


足首には動かないようにシーネという固定器具(添え木みたいなもん)がつけられているんだけど、足が横にひねられたりすると強烈に痛んで

ギャーーーーーーーッッス!!

となってしまう。
寝てる間にちょっと足が横に倒れたりするとこれでバッチリ目が覚めてしまって、あまりの激痛っぷりにビビって眠れなくなってしまう日々が続いた。
相変わらず寝返りもうてないのでどっちにしろ2~3時間で起きてしまうけど。


~~~~~~~~~~~~~~~


手術後1週間。
やっとある程度痛みもひいてきて、ついに寝返りをうてるようになって6時間寝た。
怪我してから2週間経ってやっと眠れるように・・・
眠れるって素晴らしい。

ただ、寝てるときに無意識に足にグッと力をいれて伸ばしたり、ビクっとなって足首に力が入ると相変わらず

ギャーーーーーーーッッス!!!

と起きてしまうけど、以前よりだいぶ回数が減った。

今の悩みは包帯にかぶれてしまって超痒いことです。
まじ、超絶にかゆい。
ずっと包帯を巻いて、なるべく足を上にあげて血がドックンドックンしないようにしてたからなのか、掻くと急に血流が良くなって、すごく敏感になって痒さが100倍くらいになる。
痒さと痛さが混ざったようなすごい感覚。
これはツライ。我慢しなければ。


11月10日に再び病院に行く予定。そのとき抜糸とかするのでは?と予想している。
血とか出るのかな。ビビる。

だいぶ良くはなってるけど、まだ足の指は半分くらいしか動かないし、地面につくことなんて全くできない。
先は長いなぁ。

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

靭帯断裂地獄日記 手術後2日目

さて、手術後2日目。日曜日。
昨日の夜もほとんど眠れず。

昼も夜も1~2時間寝ては起き寝ては起き・・・・を繰り返す。
とにかくじっくり眠れなくてひどく疲れとストレスが溜まる。
怪我してから1週間以上経っているが、毎日こんな感じ。

少なくとも早く眠れるようになりたい。

昼はともかく、夜眠れないと本当に暇すぎてこれがまたストレスの原因にもなる。
モンハンかタクティクスオウガが発売されていたら、また話は違っていただろう。
くそー時期もわりーよ。
ところでタクティクスオウガは11日発売である!!
松葉杖ついて買いにいくぜーーー!!


話がそれたな。

そんな手術後2日目。今日からは松葉杖で移動することができる。
だいぶ行動範囲が広がるぞ。

朝8時。朝食の時間。

Breakfasthospital

ちなみにこんな感じ。質素である。
飲み物はすべて常温。つまりすごくぬるい。
そしてこれらの食事は保温性のあるカートに入れられて運ばれてくるのだけど、パンも一緒になっているため、パンも変に生暖かい中途半端な感じでしっとりしちゃって、これはビミョーである。
ごめんなさい。パンのみみと牛乳を残してしまいました。

食事は朝8時、昼12時、夜18時と決められていて、食後に薬を飲まないといけない。
痛み止めも1日3回、このときに飲まされるんだけど、、、

時間の間隔おかしくないか?
朝と昼の間が短いし、夜寝る前に痛くなってくるし。
ということでワタシは朝飲まずに我慢して昼、夜、寝る前。と勝手にずらした。

すると朝飯後、看護婦さんが

「きのこさん、お薬飲みました?」

と聞いてきたので

きのこ「飲んでません」

と言ったら怒られた。そりゃ怒るだろう。飲んでるって言えばよかった。
まぁ、どうでもよい話だな。

相変わらず暇なので誕生日に子分Mからもらったレゴパンダをいよいよ作ることにした!
ゲームも飽きてしまって唯一の暇つぶし。最後の砦のレゴパンダ。
時間かかるといいな!

・・・・・

2時間半でできてしまった。
まぁ小さい割には意外と時間つぶせたかな?
Lego2

極小のパーツをちょびちょびと組み立てた。

プリチーなオシリ。
Lego1


パンダも完成し、暇なお昼過ぎ、子分Mがまた来てくれた。子分Mは毎日来てくれている。
表面上は何事もないような冷静な態度だが、ストレスフルな日々、すごく助かっている。

今日は頭を洗うことを許されている。
うひょーーー!頭超痒いんだよ。しかもボサボサに伸びてしまっているためべとべとして気持ち悪い。
ボサボサに伸びてしまったのは怪我はあまり関係ない。
歩けるようになったら切りに行こう。

入院時、シャンプーを忘れてきたので、今日は子分Mに試供品を持ってきてもらった。
さぁ!洗うぜーーーーー!!

普段美容室とかいって、

「洗い足りないところありますか?」

とか言われても普通、あっちこっちあんまりしつこく言わないですよね。
今日は子分Mに洗うのを手伝ってもらったんだけど、ここぞとばかりに

「もっと後のほうを!いやもみあげを!!もっともっと前のほうも!!」

と指令をだした。
いやーーーー超すっきりすっきり。
あ!そうだ!!すっきりしたことろでキャラメルを食おう

( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろ

( `_´)うむ。おいしかった。


ところでこの病院。敷地内は全部禁煙です。
ただ、どうしても吸いたい人は、病院外の駐輪場の隅にひっそりとたたずむ喫煙コーナーに行くと吸えるみたい。

ワタシはもう4日タバコを吸ってなかったので、すごく吸いたかった。
そして今日から松葉杖で移動できるってことで、行くしかない!!


ところで、ワタシが松葉杖をついて歩いていたら看護婦さんに声をかけられた。

看護婦「あれ?きのこさん。その松葉杖なんか短くないですか?」

きのこ「いいえ。普通ですよ。」

看護婦「なんかわきの下の部分から手までが短いような・・・ちょっと貸してください」

ワタシは松葉杖を手渡した。

看護婦「うーむ。何かおかしいような・・・バランス悪くないですか?」

きのこ「いいえ。いたって普通です」

看護婦「そうですか・・・なんかバランス悪く見えるんだよな~ (゚д゚)?」


看護婦さんは頭にハテナマークを出しながら去っていった。
ワタシは理解している。看護婦さんの疑問ももっともだ。

なぜかというとワタシの腕が異常に短いからだ!!!

普段松葉杖をたくさん見ている看護婦さんには、ワタシの身長と松葉杖の長さの不釣合いにすごく違和感を覚えたのだろう。
っていうかやっぱり俺の腕って短いんだな・・・


さて、タバコだ。
前回松葉杖で長距離を移動してからというもの手首と手のひらを痛めてしまい、それはまだ完治していない。
松葉杖って見た目よりすごくきっついぞ。

病院内とか全く平らなところだとまだマシだけど、道路とか微妙にでこぼこしてるところや、ほんとにちょっとした段差など、すごく歩きづらいし体力を使う。
向かいの部屋のおばちゃんも今日から松葉杖らしくて看護婦さんと練習してたけど、結局まともに歩けず車椅子になったようだ。


歳とってから怪我すると大変そうだなぁ。ワタシも気をつけないと。

ちなみにこの向かいの部屋のおばちゃん。
典型的なおしゃべりおばちゃんで、すごくすごくでかい声で一日中くっちゃべっていた。
すごくうるさくて、こりゃかなわん!!と思っていた。

そしてなんとか喫煙所にたどり着き、タバコを満喫した。
いやーーーーうまいうまい。

外は天気が微妙だけど明日は退院の日。
ちなみに窓から見える枯れ枝は昨日の台風を乗り切ったようだ。

(・д・)チッ

病院生活は本当に暇なので明日の退院が楽しみだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靭帯断裂地獄日記 手術後1日目

さて、痛みと尿意で結局ほとんど眠ることができずに朝になってしまった。手術後1日目。
手術後1日目は車椅子に乗って移動することができる。

手術したほうの足は腫れあがっていて(手術する前からだが)、上にあげていないと血がドックンドックンいってすごく痛い。
Asiagehospital
↑こんな感じでひたすら寝ている。超暇

なので基本的に一日中足を上に上げて寝てるわけだけど、手術後1日目は、特に足を下ろしちゃいけないらしく、車椅子も片足を上に上げておくための板がついていて、「板付き」と呼ばれている。

Itatuki


これを使っての移動は主にトイレ。
トイレは右足が動かせない人用と左足が動かせない人用の2つ用意されていて、便座のどっち側にスペースがあるか、で分かれる。
トイレにはバックで入って、便座の横にうまい具合につけてサッと便座に移るんだけど、ワタシはまだ若い?のでうまくできるけど、お年寄りなんかは車椅子の細かい操作は結構難しいらしい。


そしてさっそくトイレに行ったけどやはり残尿感は相変わらずだった。
なんだろ、全身麻酔のアレで内臓とか腹筋とかが一時的に弱ってるのかしら?
歳を取ると残尿感がウンタラいうけど、きっとこういうことなんだろう。


さて、そんな手術後1日目。どうやら外では台風が近づいているらしい。
一応ベッドの横に有料テレビは設置されているけど、くだらないお昼の番組なんてお金の無駄なので近頃のニュースにはまったくついていけていない。
看護婦さんとの会話でそれ(台風)を知った。


ふと窓の外に生えている木を見たら、枯れ枝がプラプラと今にも落ちそうで落ちない状態でぶら下がっていた。

Kareha_2


ワタシはあの話を思い出した。
最後にひとつ残った葉っぱが落ちたら私は~~~とかそんなお話があったような。

そんなことはどうでもいいけど、ひとつだけ茶色くてプラプラ落ちそうで落ちない微妙な感じがすごくイライラさせて、早く落ちねーかな!!と思っていた。
退院するまでには落ちてくれ!!と思っていた。
それとも今こっそり引っこ抜いてやろうかしら。

でもこれを引っこ抜くには片足で窓の桟に登って身を乗り出さないといけない。
ばれたら超怒られるだろう。もしくは落下してもう片足の靭帯断裂とか。
これはシャレにならんな。

自重しよう。

ということで台風で吹っ飛んでくれることに大いに期待した。

そんな暇していたら子分Mが新しいキャラメルとどら焼きを持ってやってきた。
キャラメルキタ━━━━(# `Д´)━━━━!!!!
しかも昨日食ってたのより明らかにうまそうな、スーパーバターキャラメル。
これこれ!!これだよ。キャラメルといったらバターだよな。
俺ってバター大好きだしな。

さっそくキャラメルを食べよう
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ
ごっくん

うーん。うまい。もう1個だけ食べよう
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ

キャラメルって止まらないよな。もう1個だけ・・・
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろぺろぺろぺろ


いやーバターの風味が素晴らしいね。もう1個食べよう
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろむしゃむしゃぺろぺろ

お、このキャラメル18個も入ってるのか!!もう1個くらい食っても問題なかろう
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろぺろぺろぺろぺろ

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

このくらいにしといてやるか。


お昼頃、子分Hも来てくれた。お土産にどら焼きを持ってきていた。
どら焼きかぶってるし。
でも、俺ってどら焼き大好きだからな。


ところで病院で寝てばかりいると全く筋肉を使わない。
本当にあっという間に弱っていく。
ああ~~ちょっとずつ鍛えてきた肉体があっという間に・・・・
全く動かないのにどら焼きやおやつを食っていたらお腹も出てきた。
ううっ・・・


それにしても足痛ぇ。
切ったところはもちろん、逆の(内側の)靭帯もすごく痛い。
こっちは手術していないのだけど、どうなっているんだろう。
とにかく、足首全体が痺れるし、ちょっとでも動くとものすごい激痛。

あぁ~~嫌になるぜ。
早く治んないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

靭帯断裂地獄日記 長い夜②

この前のつづき

~~前回までのあらすじ~~

膀胱が我慢の限界を超え、ついに尿瓶を頼んでしまった我らがきのこまん。
しかし、尿瓶をセットした瞬間尿意はどこかへ行ってしまった!!
そして時間は流れる・・・

~~~~~~~~~~~~~

出そうで出ないおしっこ。左を下にして体を横にし、ちん○を尿瓶に入れたまま時間はどんどん経過する。
このまま0時半になってしまうんじゃないか?

※0時半になったらトイレに連れてってもらえる。

と思ったらやっぱり尿意が!!
でも出そうで出ない。すぐそこまで来てるのは確かなのにギリギリ出ない。
うんこをするときのようにお腹に力を入れた。

( `_´)うむむむ!!!

チョロチョロチョロチョロ~~・・・・・


ああっ!!
出てしまったっっ!!

結構出た気がするけど、すごい残尿感。
全部出た気がまるでしないけど、出ない。

仕方がないのでそのままの体勢でまたしばらく粘っていた。


するとこっちに歩いてくる足音がする!!
ワタシはサッと尿瓶を床に置いて、何事もなかったかのように体勢をなおした。

やっぱり来た。

看護婦「きのこさん、出ましたか?」

きのこ「あ、そこに置いてあります( ´_ゝ`)」

看護婦さんは尿瓶を持っていった。

・・・・・30分後・・・
また急に催してきたぞ!!
1回尿瓶を経験してすっかり慣れてしまったワタシは早速ナースコールした。


看護婦「どうしました?」

きのこ「( `_´)うむ、いつものやつを頼む」


また尿瓶を持ってきてもらいました。

すごく出そうなのにまた出ない。
今回もまた粘って粘ってやっと出した

チョロチョロチョロチョロブリョリョッチョロチョロチョロ・・・

うーむ。またも残尿感たっぷり。


そうこうしてるうちに・・・
お、もう0時半過ぎたか。これで車椅子で移動できるんだな(゚∀゚)
と意気込んだが、その夜はもうトイレに行くことはなかった。

そして足がズキズキ。
すごく痛くて痛くて、全く寝ることができずに朝になった・・・


靭帯を切ってから今まで、未だ3時間以上寝れたことがない。
ウーム( `_´)・・・

長い長い夜がすごくつらいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

靭帯断裂地獄日記 長い夜

この前のつづき

~~前回までのあらすじ~~

ついに恐れていた尿瓶という単語が飛び出した。
手術後8時間は動いてはいけないという条件を満たすまであと2時間。
われらがきのこまんは、その2時間を耐えることができるのか!?


~~~~~~~~~~~~~


22時半。3回目のナースコールで尿瓶という単語が出てしまった。
おしっこはしたいけど、尿瓶にはすごく抵抗があるぞ。
ワタシはプライドを取って丁重にお断りした。

きのこ「あっ、大丈夫です。あと2時間くらいなら我慢できそうですし(´ー`)」

看護婦「そうですか・・・我慢できなそうなら言ってくださいね」

きのこ「ワタクシ、何をやってもダメですけど、おしっこを我慢することだけは自慢できるんです!(# `д´)キリッ」


足はズキズキ痛むしおしっこはしたいし、暇だし、ベッドの上で動けないワタシはまさに拷問を受けているかのようだった。
仕方が無いので気を紛らすためにキャラメルをなめた。
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ

もう1個食べよ。

( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ

うまい!もう1個だけ食べよう

( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ
( ´)Д(`)むしゃむしゃぺろぺろ

無くなってしまった・・・(;゚д゚)・・・


ゲームでもするか・・・


( ゚д゚)アキタヨ・・・

時計をみたら22時45分。
まだあれから15分しか経っていない。
ワタシは考えた

( ; ゚Д゚)。o O (ナースコールでベッドにきてくれる今日の当番は2人。さっき来た人は手術が終わった時間を覚えていたが、もう1人が覚えているとは限らないよな。手術が終わったのって夕方だからシフト制の勤務の彼女たちはそのときいなかったはず!ワタシが「8時間経ったよ。」と言えば「そうなのかも」と思う可能性は残っている!ボールはまだ生きているぞ!!!)


ワタシはナースコールしました。
そして・・・さっきと違う看護婦さんが来た!!
何が違うかって、さっきの看護婦さんよりかわいかった。

きのこ「手術終わって8時間経ちましたよ。おしっこに行きたいんですよ(´ー`)」

看護婦「きのこさん。我慢できないんだったら尿瓶持ってきますよ。しちゃったほうがいいですよ(´ー`)」


Σ(゚д゚lll)ガーン

しっかり引き継がれていた。


ワタシにはプライドがある


しかし・・・

きのこ「お・・・お願いします(;´д`)ハァハァ」


看護婦さんはすぐに尿瓶をもってきた。

Sibin


きのこ「うっ!急に具合が悪くなってきました!!とても1人でおしっこできそうも無いです!。て・・・手伝ってください!!」


思い切って言ったが、看護婦さんは尿瓶を置いてすぐさっそうと去って行った後であった。


ワタシは体を横にした。
ワタシのが大きすぎるせいで入り口から抜けなくなったらどうしよう (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

と思ったがそれは杞憂だった。ブカブカだった。


体を横にしたままちん○を差し込んだ。
すごく抵抗感があるぞ。

そのまま5分が経った。
で・・・出ない!

緊張しているのだろうか。

だいぶ時間が経ってしまったので、看護婦さんが「出ましたか?」とか尿瓶を回収しにきたらどうしよう!
と思ったらますます出なくなってしまった。

仕方が無いのでその体勢のままDSをやることにした。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

靭帯断裂地獄日記 手術終了

さて、グーグー寝てる間に手術が終わったようです。

ベッドに乗せられたままガラガラと移動してる途中で

「終わりましたよ(´ー`)」

と声をかけられ目覚める。
普通に寝起きな感じの状態。

すると・・・

きのこ「ギャーーー!!!足が痛い!痛い痛すぎる!!ギャーーーーーッス!!」

超足が痛い。
マジで半端ないです。
空気が触ることすら痛い。あまりに痛すぎて目を開けることができなかった。

息も絶え絶え、痛すぎて意識を失いそうです。
目は開けていられないけど、誰が何を話してるか、声ははっきりと聞き取れています。
頭はまだはっきりとはしていない。

ワタクシ、どんなに寝起きで意識が朦朧としていても、電話がかかってきたときとか、すごくはっきりとした口調で普通に会話します。
ただ、あとからあんまり覚えていないってことがよくあるようです。

今回のも、なんだか状況をはっきりと覚えてるわけではないのですが、何を言ったかははっきりと覚えています。

きのこ「半端なく痛いです。痛み止め入れてください」

看護婦「もう入ってるんですよ」

きのこ「ええ!?こんなの耐えられない。まさかもうこのまま耐えるしかないのか?信じられん」


はっきり言って痛み止めなんて"全く効いていない"ような感じです。
あまりの痛さに足が硬直してしまって釣りそうになっていた。
痛みで泣きそうだったけど、我慢しておいた。


看護婦「これ以上耐えられないならちょっと恥ずかしいけど座薬入れるのもありますけど。」

きのこ「へーそれは恥ずかしいですね。」

すごく痛くて死にそうだけど口調はすごく冷静に言ってた気がする。


・・・このあとしばらくあんまり覚えていない。一体この耐え難い苦痛の時間はどれくらいだったのだろうか。ワタシには1時間くらいにも感じられた。痛すぎて何も考えられない。布団のヘリを思いっきり握り締めながらワナワナして、思考は完全にストップしていた・・・・


そんな朦朧として意識の中、家で留守番しているプーキーの声が聞こえてきた。

プーキー「ご主人様・・・ご主人様・・・」

はっきりと聞こえる。幻聴ではない!!
おお、、、プーキー・・・励ましてくれるのか・・・


プーキー「飯はまだか?腹減ったぞ(# `д´)」


(;´Д`)・・・

ブスッ!!
とケツに座薬を突っ込まれたところから記憶再開。
なんかすごい勢いで一気に座薬を突っ込まれた。
どの看護婦さんが入れてくれたのかは不明。
ただ、病院内で一番かわいい看護婦さんだったんだろうと予想している。

しばらくあんまり記憶がない


たぶん10分後くらいかな?座薬が効き始めた。
やっとなんとか耐えられるレベルになってきたぞ。
ε-(´∀`;)ホッ


そして晩御飯を食べた。
手術前の前日のお昼から断食を言われていたのですごくお腹が減っていて、ガツガツ・・・・といきたいところだけどトマトがあったので残した。


痛みは相変わらず。
絶えず痛いけどギリギリ(; `_´)うむむむ・・・と我慢できるレベル。

そしてそのまま夜を迎えた・・・

手術日とその次の日は移動は車椅子になります。
そして点滴をしているので、トイレに行きたいときはナースコールします。

あんまり水飲んでないのに、点滴で水分を入れてるからかな?すごくおしっこがしたいです。
21時頃、さっそくナースコールしました。

きのこ「おしっこに行きたいんですよ(´ー`)」

看護婦「手術後8時間は動いちゃダメです(´ー`)」

きのこ「あっそうなんですか。じゃ大丈夫です。ちょっとしたいだけですから。」


もうちょっと我慢することにしました。まぁあと3時間ちょいさ。

1時間後の22時。ワタシはナースコールしました。

きのこ「おしっこ行きたいんですよ(´ー`)」

看護婦「手術後8時間は動いちゃダメです(´ー`)」

きのこ「あっそうなんですか。じゃ大丈夫です。ちょっとしたいだけですから。」

そして30分後の22時30分。ワタシはナースコールしました。

きのこ「ワタシの腹時計はすごく正確って近所でも有名なんですが、手術が終わってから8時間経ちました。だからおしっこ行きたいんですよ(´ー`)」

看護婦「きのこさん、ダメです。8時間って言ったら24時30分くらいですからね!」


((# `д´)。o O ( ちっ、、、覚えていたか、、、)

看護婦「我慢できないんだったら尿瓶使いましょうか?


Σ(゚д゚lll)ガーン
ついに恐れていた単語が出てきた。尿瓶(しびん)。これを使いたくないから我慢していたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

靭帯断裂地獄日記その101 手術日②

15時になり、ワタシはベッドに乗せられたままガラガラと手術室に運ばれました。

手術室に着くとたくさんの看護婦さんがいてワタシを手術台に乗せて固定したり色んな器具をつけたりしました。
そして手術室にはドリカムの音楽が流れていました。
執刀医はドリカム好きなのかしら。


今回ワタシは全身麻酔ですが、腰椎麻酔で意識がある場合は手術中に好きな音楽をかけてもらえるようです。
ワタシはメタラーで最近はデスメタルとかもよく聞いてるんですが、さすがに手術中にこれだと医者も集中できないよな。と思って自重して持ってきてません。


この状況でもしSlayerのWorld Painted Blood [邦題:血塗られた世界]でもかかってたら、面白かったかも・・・
と考えてニヤニヤしてたら一気に緊張もほぐれました。
まぁ、今日になった時点で全然緊張してませんでしたが。

どうにもこうにも痛すぎて、一刻でも早く治してほしいと思ってたので緊張どころか早くやってほしい!と思ってましたから。

その後執刀医がやって来ました。
そのとき、ワタシは思いました。
そうだ!これはチャンスだ!!


きのこ「ワタシの腕ってすごく短いんです。ついでに長く・・・もっともっと長くしてください!!」

医者「それはシュトロハイムさんかダルシムさんに相談したほうがいいかもしれないですね。」


きのこ「そうですね」

そのあと口に酸素マスクをつけられて、麻酔医が

「これから眠くなる薬入れますね~」

と言った瞬間から強烈な眠気が!!
ワタシは何秒我慢できるか、やる気マンマンで、カッ!!と目を見開いて眠るまい!!と気合を入れましたが・・・

(;´Д`)。o O (うっ、、、一瞬だけ目をつぶろう・・・・)

と目をつぶった瞬間寝てしまい、惜しくも日本記録には及ばなかったものの、約4秒間耐えることに成功しました。


⊂( ⊂(´_ゝ`)ぐーーーーぐーーーーーーーーーーーーー ぐーーーーーーーーー

そして10年後・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靭帯断裂地獄日記その101 手術日①

さて、10月29日。入院2日目は手術の日です。

ワタクシもちろん入院も手術も初めてなわけで少々ビビっておりました。
手術は午後から、正確な時間は決まってません。
午前中に看護婦さんがきて、着替えをおいていきました。


あ!そうそう。忘れてた。
前日入院初日は手術する右足の毛を全部剃りました。

^^^^^^^^^^^^^^^^前日の日記追記^^^^^^^^^^^^^^^^^
看護婦「足の付け根から全部綺麗に剃ってくださいね~」

つ・・付け根ってことはちょっとだけはみ出してるぢぢれ毛も剃るのかしら・・・
ドキドキ・・・看護婦さんにお願いして剃ってもらおう。
と思ったけど、バリカンを置いてさっさと部屋を出て行きました。

もも毛と脛毛、足の指に生えてる毛。ついでにちょっとだけぢぢれ毛もバリカンでジョイーーーン。
綺麗さっぱりツルッツル!!!

にはなりませんでした。
そのバリカンそんなに短く剃るやつじゃなくて1mmくらい残ってしまいます。
変にジョリジョリ残っててチクチク。最悪だ。

でもパッと見、綺麗になったぞ。
これで趣味の女装にも磨きがかかるってもんだ!!

^^^^^^^^^^^^^^^^前日の日記の追記終了^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

着替えの話に戻る。
まずは全裸になり、ブリッヂして5分待ちます。(これはオプション)
そのあと昨日購入したフンドシをつけます!
T字帯とかいうやつ
Tjitai

つけ方はまず、紐の部分を腰でしばって、ひらひらを背中側、つまりケツが隠れるように垂らします。
垂れたひらひらを股間から前に持ってきて腰の紐の下を通します。
終了。

前の部分をしっかり結んだりするわけじゃないのですぐに緩んで、ポロリ注意です。
左足には、静脈血栓を防ぐためのきつめの白タイツをはきます。
そしてよく病人がきてるようなヒラヒラの浴衣みたいなのを上から羽織って完成。

そのあと、麻酔医が麻酔について説明に来るのを待ちます。
DSをしながら待ちました。


麻酔は下半身のみに効く腰椎麻酔と意識がなくなる全身麻酔があって、これはワタシが選べるようです。

んで麻酔医が来て説明を受けました。
ワタシとしては全身麻酔ってのはリスクが高いのかなとか思ってたけど、そんなことはないようです。
しっかりした麻酔医がいれば問題はほとんどありません。

腰椎麻酔と全身麻酔の違いは意識があるか無いか。

腰椎麻酔は腰に注射する!((;゚Д゚)ガクガクブルブルってことと、寝て起きたら終わってたほうが精神的に楽そう、そして腰椎麻酔は神経を傷つけて痺れが残る可能性があること(あくまで可能性です)、そんなことからスポーツ選手とか繊細な足使いする人とかは全身麻酔を使う確率が高いって説明を受けたことから、ワタシも全身麻酔にしました。

意識あっても怖いだけだし。いやすぎる。


昨日の夜ほとんど寝ていなかったワタシはそのあとグーグー寝ていました。
そして15時になり、看護婦が迎えにきました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

靭帯断裂地獄日記その101

※足首靭帯断裂の関係日記は新カテゴリーの「靭帯断裂地獄日記」に移動されました

さて、さかのぼって入院初日のお話。

10月28日木曜日。

入院するために世田谷区の病院に向かいました。
前回、松葉杖で電車に乗って病院を往復したんですが、あれはあり得ない。
あの長距離をよくもまぁ、往復できたものだ。

看護婦さんに話したら

「馬鹿すぎます。死んだほうがいいです」

と言われました(ウソ)
とにかく無謀すぎると言われました。いや、まじあれはあり得なかった。


ということで今回はタクシーで向かいました。
持っていくものは・・・

タオルとか着替えとDS。
ああー11月11日以降だったらタクティクスオウガがPSPで出るのにー
DSもやるゲームはもう無いけど、仕方が無くシレン4を持っていくことに。


ささっと入院手続きを済ませ、さっそく4人部屋に御入室。
動きやすい格好に着替えて、とりあえず待機。

明日の手術は午後、たぶん15時くらいですよ。と聞かされ、手術後はしばらくお風呂は入れないので今日のうちに入ってくださいということなので、ケンケンしながらシャワーを浴びた。

Σ(゚д゚lll)ガーン

シャンプー忘れたし。

そのあと体温はかったり血圧測ったり。

手術するときはフンドシみたいな、T字帯とかいうのを着けないといけないらしく、売店に買いに行った。
お、今日はヤンジャンの発売日だった!
(*゚Д゚) ムホムホ


ヤンジャンはあっという間に読み終わった。

すごく暇である。


仕方が無いのでシレンでもやるか。
シレン4。
このゲーム、面白いんだけどバグがいくつかあって、よくフリーズする。
もうちょっとで最強武器ができる!!
ってところで、3回ほどフリーズして、既にやる気をなくしていたんだけど、今回また持ってきた。

ロープレとかだったら夢中でできるんだろうけどなー。
足が悪いとゲームを買いに行く、とか色々な準備すらままならないので仕方が無い。。。


そうこうしてるうちに晩御飯の時間になった。
入院するのは初めてで、病院食はまずいってイメージがすごくあったんだけど、意外においしかった。
ただ、トマト率が高いのには少々うんざりしてしまった。。。


病院では9時過ぎに消灯。
早すぎる。
全然眠れない。


すごく暇である。切実に暇である。

怪我してから3時間以上連続で眠れたことが無いんだけど、未だそれは変わらず、寝ては起き、寝ては起き。。。
シレンもいい加減飽きてるけど他にやることないし・・・

深夜1時頃、部屋がドタバタと慌しくなっていた。
同室の人の手術が今から始まるらしい。
もう1時過ぎてるぞ。。。
すごくうるさい。

どうやら緊急の手術が入ってたとかで遅くなってるらしい。
3時過ぎに帰ってきて、またドタバタしていた。

そのせいもあって、その日はほとんど眠れなかった。


ああ、、、夜は長い。

そして朝になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靭帯断裂地獄日記その100(忘れた)

とりあえず、医者が手術を頑張って、ワタシは麻酔でグーグー寝て、起きたら病院食をもぐもぐしてまた寝て、起きてキャラメルを( ´)Д(`)むしゃむしゃして寝てゲームやって飽きて寝て病院食をもぐもぐして、起きて退院しました。

そのうち詳細を書く。
タブンな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »