« 靭帯断裂地獄日記その101 | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日② »

2010年11月 2日 (火)

靭帯断裂地獄日記その101 手術日①

さて、10月29日。入院2日目は手術の日です。

ワタクシもちろん入院も手術も初めてなわけで少々ビビっておりました。
手術は午後から、正確な時間は決まってません。
午前中に看護婦さんがきて、着替えをおいていきました。


あ!そうそう。忘れてた。
前日入院初日は手術する右足の毛を全部剃りました。

^^^^^^^^^^^^^^^^前日の日記追記^^^^^^^^^^^^^^^^^
看護婦「足の付け根から全部綺麗に剃ってくださいね~」

つ・・付け根ってことはちょっとだけはみ出してるぢぢれ毛も剃るのかしら・・・
ドキドキ・・・看護婦さんにお願いして剃ってもらおう。
と思ったけど、バリカンを置いてさっさと部屋を出て行きました。

もも毛と脛毛、足の指に生えてる毛。ついでにちょっとだけぢぢれ毛もバリカンでジョイーーーン。
綺麗さっぱりツルッツル!!!

にはなりませんでした。
そのバリカンそんなに短く剃るやつじゃなくて1mmくらい残ってしまいます。
変にジョリジョリ残っててチクチク。最悪だ。

でもパッと見、綺麗になったぞ。
これで趣味の女装にも磨きがかかるってもんだ!!

^^^^^^^^^^^^^^^^前日の日記の追記終了^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

着替えの話に戻る。
まずは全裸になり、ブリッヂして5分待ちます。(これはオプション)
そのあと昨日購入したフンドシをつけます!
T字帯とかいうやつ
Tjitai

つけ方はまず、紐の部分を腰でしばって、ひらひらを背中側、つまりケツが隠れるように垂らします。
垂れたひらひらを股間から前に持ってきて腰の紐の下を通します。
終了。

前の部分をしっかり結んだりするわけじゃないのですぐに緩んで、ポロリ注意です。
左足には、静脈血栓を防ぐためのきつめの白タイツをはきます。
そしてよく病人がきてるようなヒラヒラの浴衣みたいなのを上から羽織って完成。

そのあと、麻酔医が麻酔について説明に来るのを待ちます。
DSをしながら待ちました。


麻酔は下半身のみに効く腰椎麻酔と意識がなくなる全身麻酔があって、これはワタシが選べるようです。

んで麻酔医が来て説明を受けました。
ワタシとしては全身麻酔ってのはリスクが高いのかなとか思ってたけど、そんなことはないようです。
しっかりした麻酔医がいれば問題はほとんどありません。

腰椎麻酔と全身麻酔の違いは意識があるか無いか。

腰椎麻酔は腰に注射する!((;゚Д゚)ガクガクブルブルってことと、寝て起きたら終わってたほうが精神的に楽そう、そして腰椎麻酔は神経を傷つけて痺れが残る可能性があること(あくまで可能性です)、そんなことからスポーツ選手とか繊細な足使いする人とかは全身麻酔を使う確率が高いって説明を受けたことから、ワタシも全身麻酔にしました。

意識あっても怖いだけだし。いやすぎる。


昨日の夜ほとんど寝ていなかったワタシはそのあとグーグー寝ていました。
そして15時になり、看護婦が迎えにきました!!

|

« 靭帯断裂地獄日記その101 | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152924/49912761

この記事へのトラックバック一覧です: 靭帯断裂地獄日記その101 手術日①:

« 靭帯断裂地獄日記その101 | トップページ | 靭帯断裂地獄日記その101 手術日② »