« MHP3買ってしまった | トップページ | 片足クライミングで復帰!       か? »

2010年12月 3日 (金)

靭帯断裂地獄日記 四神現る!

さて、ブチブチ靭帯断裂から40日を経過し、いよいよ松葉杖とおさらばすることになった、我らがきのこまん。
今日はどんな感じなんだろうか!?


ところで病院で医者が

「ビッコ引いてると癖になるから~~」

と言っていた。ビッコって何となく発音的に、使っちゃいけない単語の部類なのかなと何となく思っていたんだけど、医者も使ってるしいいのかな。と思ってちょっとググってみたらやはり差別用語なのだとか。

でも一般的には通じているし別の単語で一言で簡単に表すのって難しいですよね。


それに、ワタシともあろう人が靭帯を切っただけでビッコを引くなんてあり得ないだろう。
ということでワタシが引いているのはビッコではなく白虎ということにする!

そう、あの伝説の四神、西方を守る白虎である。

ということで毎日白虎引いてます。
そして松葉杖がなくなったことで、今まで気付かなかった日々の行動について書いてみよう。

まず、じゅうたんと靴下の防御力。
ロープレでは布の服が防御力1となっているが、靴下にもかなりの防御力がある。
部屋の中はじゅうたんなんですが、硬い地面を歩いているときとは足への負担がもう、全くといっていいほど変わる。そしてさらに靴下をはくかはかないか。これでも大きく変わる。

靴下をはいてじゅうたんの上を歩く。コレ最強。足が治ったんじゃないか!?と錯覚してしまうほど。
そして調子にのってコンクリの上を歩くと後悔する。


次に気になるのは、道路、歩道の傾斜。
今まで平らだと思っていた全ての道路は側溝に向かって傾斜しているんだ。
恐らく水がたまらないようになっているんだろう。
この傾斜が足にすごく負担になって恐ろしい。

足を怪我するまで気付かなかった。せいぜい2度とか3度とかなんだろうけど。気をつけてみるとわかる。


階段は登るより降りるほうがつらい。
これは特に足首の怪我に言える。
登るときはかかとから着いて登るのが容易で足首をあまり曲げずに済むんだけど、降りるときかかとからつくのは難しい。これ定説。


とまぁ苦労もしてますが、駅までの普段なら歩いて7~8分のところを10分ちょいで歩けるくらいまで回復!
そうとう痛いけど。

装具にかぶれてかゆくてかゆくて仕方がないが、歩けるって幸せ(゚∀゚)

|

« MHP3買ってしまった | トップページ | 片足クライミングで復帰!       か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP3買ってしまった | トップページ | 片足クライミングで復帰!       か? »