2010年12月22日 (水)

靭帯断裂地獄日記  また定期通院

さて、先週は都合により、ワタシの手術をしたお医者さんがいなかったので、今週また行ってきました。

病院まで歩いていくとき、思いました。

( `_´)今日は足の具合がいいな。


最近はあんまり良くなってきているという実感がなく、現状維持。みたいな感じなのですが、やっぱり気温とかかな?暖かいと調子がいい気がするよ。
ちなみに、怪我してから2ヶ月経ちました。


まず、両足首の曲がり具合の比較から。
まだまだ右と左では差があるなぁ。
手前に曲げるのはだいぶ近くなったけど、足首を伸ばすほう、こっちはだいぶ差がある。

右と左では角度にすると10度くらいの差。
見た感じでは、結構違う。
そして、痛い。


結構ガンガって伸ばしたりしてるんだけど、どうしてもこれ以上良くならないな。
どれくらいで戻るのだろう。聞いてみました。


医者「タブンもう、これ以上は戻らないですよ。あれだけ大きく靭帯を痛めたら、手術してもくっつくとき、どうしても前よりは短くなりますので。痛みは少なくなると思いますけど、寒くなったり、激しい運動したりしたら多少痛い可能性もあります」


Σ(゚д゚lll)ガーン

な・・・なんだってクマーーーーーーーー!?

これくらいなら日常生活にも、スポーツにも支障はないでしょう。

とも言ってたけど、クライミングに関しては足首の柔軟性は大事なんだよ!!(特にワタシの場合)。
ワタシにしかできない、軟体キョン(通称オレキョン)ができなくなってしまうのでは・・・


だが嘆いても仕方が無い。これが現実なのだ・・・


少しでも元に戻るようにガンガってリハビリするしかない。
そして、今日から装具を外して歩いてもいい許可が出た。
長距離歩くときや早歩きするときはつけた方がいいよ、とのことだけど基本外して歩く練習。
まぁ、痛いけど慣れるしかないな。


ということで!
そろそろ右足にもクライミングシューズを履いて登ろうかなと思い中。
ガッツリ乗り込みなんかはできないけど、軽く引き寄せたりすることはできそうな気がするし。


木曜日か土曜日には右足クライミングシューズデビューしようと思います(´ー`)

| | コメント (0)

2010年12月17日 (金)

靭帯断裂地獄日記 何度目か忘れたけど通院日

10月末に手術したはずだからそろそろ1ヶ月半になるのかな。
定期通院に行ってきた。

手術したのは世田谷のデカい病院なんだけど、通院は中野の近所の病院。
そこの病院に週1回だけ世田谷からワタシの足を手術した先生がやってきているのだ。

ということでその日に行ったわけだけど、ついたら、違う先生だった。

「今日はいつもの先生がこれなかったんですよ。とりあえず経過を見ますね。」

あら・・・先生違うとわかんないんじゃないの。

結局足の具合をちょっと見せて、終了。

「来週はいつもの先生が来るからそのときまた来てくださいね」

だそうです。今日の通院は無駄だった・・・


ところで、ついでに今日の先生に聞いてみた。

きのこ「足の腫れが全然引かなくて痛いんですよ。一般的にこのくらいの怪我の場合、どれくらいで腫れって引くものですかね?あと1~2ヶ月はかかるんですか?」

医者「いやいや、そんな早くは引かないですよ。半年くらいじゃないですか。」

Σ(゚д゚lll)ガーン

完全に腫れも引いて、100%前と同じになるには半年くらいかかるものだそうで・・・
まぁ、7~8割治れば、さほど影響なくクライミングはできるだろうけど、キョンとかフック系はちょっと、、、どうなんだろう。

不安になってきた・・・(;´Д`)


現在の状態は、あまり変わらず。
10分程度なら歩けるけど、つま先立ちや、正座は全然できない。
せめてつま先立ちができるようになったらクライミングでも多少片足が使えるんだけどなー

リハビリがんがろう( `_´)うむ!

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

足の腫れ具合どな感じ

さて、靭帯ブッチブチ事件から早1ヶ月半経ちました。
現在リハビリ中。

全く曲がらなかった足首は冷や汗たらたら流し、ピクピクしながらガンガって伸ばした甲斐もあってか、かなり元に近いくらいまで曲がるようになりました。

とはいえまだまだ左足に比べると曲がってません。
しかも痛い。
ワタシの足首はどうやらもともと軟らかいほうらしく、普通に伸ばすと左足は180度以上に伸びます。
だいたい190度から200度くらいかしら。
右足は今180度くらい。

今現在でもうこれ以上伸びる気がしないんだけど、元通りになるのかしら・・・ちょっと不安。

怪我した当初はソフトボールが入ってるくらい腫れていた足首も、現在はピンポン玉くらいまでひいています。
Pinpon

この状態になってから長いなぁ。
ちょっと歩けるようになって(10分ちょい)から、イマイチ治ってきてるのを実感できなくなってきました。


やっぱり腫れがひいてからじゃないとクライミングで右足使うのは無理だなー。
そもそも右足だけでつま先立ちできないし。

歩く分にはかかとをうまく使えばだいぶ負荷を軽減できるし、ちょっと白虎ひけば問題ないけど、クライミングは片足のつま先でガッツリ乗るからなぁ。

まぁ、医者がいうには全治3ヶ月で、まだ半分しか経ってないので多少は気長に構えたいけど、いい加減片足クライミングに飽きてきましたよ。


そして、なぜだか腫れてる足が最近強烈にかゆいんです。
傷口が治ってくるとかゆくなるけど、こういう腫れも治ってくるとかゆくなるものなのかな?

正月は実家の青森に帰るんだけど、雪降ってるだろうし、歩くのちょっと怖いですな。
その頃にはだいぶ良くなってるといいですね!!


| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

靭帯断裂地獄日記 四神現る!

さて、ブチブチ靭帯断裂から40日を経過し、いよいよ松葉杖とおさらばすることになった、我らがきのこまん。
今日はどんな感じなんだろうか!?


ところで病院で医者が

「ビッコ引いてると癖になるから~~」

と言っていた。ビッコって何となく発音的に、使っちゃいけない単語の部類なのかなと何となく思っていたんだけど、医者も使ってるしいいのかな。と思ってちょっとググってみたらやはり差別用語なのだとか。

でも一般的には通じているし別の単語で一言で簡単に表すのって難しいですよね。


それに、ワタシともあろう人が靭帯を切っただけでビッコを引くなんてあり得ないだろう。
ということでワタシが引いているのはビッコではなく白虎ということにする!

そう、あの伝説の四神、西方を守る白虎である。

ということで毎日白虎引いてます。
そして松葉杖がなくなったことで、今まで気付かなかった日々の行動について書いてみよう。

まず、じゅうたんと靴下の防御力。
ロープレでは布の服が防御力1となっているが、靴下にもかなりの防御力がある。
部屋の中はじゅうたんなんですが、硬い地面を歩いているときとは足への負担がもう、全くといっていいほど変わる。そしてさらに靴下をはくかはかないか。これでも大きく変わる。

靴下をはいてじゅうたんの上を歩く。コレ最強。足が治ったんじゃないか!?と錯覚してしまうほど。
そして調子にのってコンクリの上を歩くと後悔する。


次に気になるのは、道路、歩道の傾斜。
今まで平らだと思っていた全ての道路は側溝に向かって傾斜しているんだ。
恐らく水がたまらないようになっているんだろう。
この傾斜が足にすごく負担になって恐ろしい。

足を怪我するまで気付かなかった。せいぜい2度とか3度とかなんだろうけど。気をつけてみるとわかる。


階段は登るより降りるほうがつらい。
これは特に足首の怪我に言える。
登るときはかかとから着いて登るのが容易で足首をあまり曲げずに済むんだけど、降りるときかかとからつくのは難しい。これ定説。


とまぁ苦労もしてますが、駅までの普段なら歩いて7~8分のところを10分ちょいで歩けるくらいまで回復!
そうとう痛いけど。

装具にかぶれてかゆくてかゆくて仕方がないが、歩けるって幸せ(゚∀゚)

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

定期通院行ってきた。

さて、先週から足にかける負荷をちょっとずつ増やしながら松葉杖を使って歩く練習が開始されています。

そして2週間経ちました。
今日は通院の日。

今日からタブン、松葉杖を終了しましょう!と言われると予想して、昨日既に松葉杖なしで駅まで歩きました。
片道10分ちょいかな。歩くの遅い・・・

いつもそうなんだけど、家出た瞬間は

(゚∀゚)。o O (いける!今日はいける!)

と思うんだけど、100メートルくらい歩くときつくなってきて


(;´Д`)。o O (やっぱりダメだ・・・)

と思います。
歩いてると血流が激しくなって腫れがひどくなってきて痛くなってくるんですよ。
昨日もしかり。

途中でコンビニによって立ち読みしながら休憩して駅まで歩きました!!


そんな予習をしっかりとこなし、今日の病院。
朝9時の受付ぴったりに行ったけど、既に10人くらい並んでいた。
( `_´)うむむむ・・・

50分ほど待って、呼ばれる。

医者「どうですか?足は曲がるようになりましたか?」

きのこ「ほら!見てください。だいぶ曲がるようになりましたよ。なんたって超ガンガってますから」

医者「お、だいぶ曲がるようになりましたね。じゃ今日からちょっとずつ普通に歩く練習をしましょう。」

きのこ「(゚∀゚)」

ピョコピョコするのは癖になってしまうらしいので、無理しない程度にガンガって普通に歩くようにします。
また、普通に歩かないと色んなところに変な負荷がかかってしまい、別の箇所を痛めたりするらしいので、これはガンガらなければ。

と、診断は1分で終了。
さて歩くぜ!!

こうしてきのこまんの新たなる冒険が始まったのだ!!

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

靭帯断裂地獄日記 手術後2回目の通院

さて、先日奇跡の2本足歩行を見せた我らがきのこまん。

さらに調子に乗って、コンビニまで歩いて行きました!!

普通に歩いたら2分半の道のり。
なんかいけそう!

と、意気込んで出発したのはいいものの、三分の一ほど進んだところで早くも足が痛くなってきたぞ。
さらにズルズルヒョコヒョコ左足にすごい負荷がかかるので左足だけがすごく疲れる。
や・・・やばい。

なんどか休憩しながらなんとかコンビニまでたどり着き、ジャンプとヤンマガを立ち読みしてアイスを購入。
ずっと左足によりかかっているため痺れてきたぞ。

ああ・・・帰るのがつらい。


7~8分かかってやっと家まで帰り着きました。
松葉杖のほうがはるかに楽だった・・・

右足はすごくズキズキしていました・・・

「腐ってやがる・・・歩くのは早すぎたんだ!!」


ということでちょっと調子に乗りすぎました。


さて、今日は退院後2回目の通院の日です。
松葉杖をついてヒョコヒョコ行ってきました。
右足は多少負荷をかけても大丈夫になってきたので、松葉杖をつきながら、右足に2~3割の力をかけて歩く。

おお!すごく楽だぞ!!

ほんのちょっと右足がつけるだけで松葉杖での移動が格段に楽になり、スピードも普通の人の徒歩と同じくらい出せるように。
でも、雨降ってるときは不便だね。傘させないし。
両手塞がってるから買い物するときカゴを持つのがすごく大変。

さて、病院についた。


医者「どうですか。右足首はだいぶ柔らかくなりましたか?」

きのこ「結構ガンガったので今はこのくらいまで曲がります」

医者「左と比べて全然曲がってないじゃないですか」

きのこ「これ以上どうやっても曲がらないんですよ。徐々に柔らかくなっていくんかなと」

医者「ダメですよ。もっと力いれてやらないと。こうやって・・・」

これ以上どうやっても曲がらないと感じている足首に思いっきり体重を乗せて強引に伸ばした。


きのこ「ぎゃーーーーーーーっっすっ!!!

医者「逆のほうにも・・・」

きのこ「アバババババババババババ!!

痛すぎて痛すぎて全然力が入らなくなってしまいました。
関節技かけられて、これは折れる!と思ってタップしてるのに技を解いてくれない感じ。

まさに拷問。逆にまた捻挫するんじゃないかってくらいの強烈な痛み。

きのこ「(;´д`)ハァハァ・・・ガンガります・・・」


そして今日からは装具というサポート器具をつけて歩行練習も開始です。
それがこれ

Sougu


ちょっと歩いてみた。

きのこ「イデデデデ!!」

かかと付近が強烈に痛い。やっぱまだまだ普通には歩けないな。
まぁ足首の全ての靭帯をボロボロにしてしまったのだ。仕方が無い。

あまりにかかとが痛いといったらレントゲンを撮ることになった。
また足首をぐいーーーっと曲げるストレス撮影か?!と少々ビビったが普通の撮影だった。

撮影結果は・・・靭帯がブチ切れたときに内側と外側両方とも小さい骨も剥離されたようで影が写っていた。
靭帯がブチ切れるとき小さい骨も一緒にはがれたりすることはネットで調べて知っていた。
ん?内側も?

ってことはやっぱり内側三角靭帯も損傷したみたいだな。
ただ、すごく小さいのでこれくらいなら問題ないって言われた。
少々不安だが、大丈夫っていんだったらそうなんだろう。


んでこの装具。買取になるらしい。
病院に支払うんじゃなくてこれを発売してる業者に直接の支払いになるそうで、支払方法を説明された。

ワタシは「こういう医療器具って無駄に高いんだよな。3000円くらいするのかな・・・」

と思っていたら・・・

13500円だった!!!

Σ(゚д゚lll)ガーン
いくらなんでもボッタクリすぎだろう。
ちょっとしたサポーターだぞ。足元みすぎ。

保険が効くので申請すれば後日一応戻ってはくるらしい。
にしても高い。

きのこ「歩く練習ってことは松葉杖は終わりですか?」

医者「まだまだダメですよ。きのこさんは重症ですからね。自覚してください。松葉杖ついて徐々に力を足にかけていく練習してくださいね」

(;´Д`)・・・

医者「次回は2週間後にきてください。そのとき松葉杖が取れるといいですね。」

に・・・二週間後・・・
まだまだ歩けないらしい。

ボルダリング復帰はまだまだ遠い・・・

ヒョコヒョコでも、もっと早く歩けるかと思ったけど世の中そんなに甘くはなかった。
( ;`_´)

まぁでも松葉杖での移動はだいぶ楽になった。
これで死ぬ思いでアイスを買いに行ってたのがかなり楽になった(゚∀゚)

---------------------------------------------------
今日の募金:23円

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

靭帯断裂地獄日記 手術後18日経過

さて、足首靭帯をブッチブチに怪我してから26日、手術してから18日が経過しました。

前回の日記では全く歩けなかったんですが・・・

初歩き記念ムービーを撮りました。
まぁ、歩いてるだけのつまらないムービーなんですが、ワタシにとっては何とも感慨深いシーンです。
ずっと這ってましたから。視点が高い!!

なんという感動の一瞬。

かかとに重心をおいてあんまり足首を曲げない歩きをマスター。
これはクライミングにも応用できそうだな!!


来週中にはジム行くしかない!!
さすが俺様。

| | コメント (2)

2010年11月15日 (月)

靭帯断裂地獄日記 手術後2週間ちょい経過

さて、怪我してから3週間ちょい、手術してから2週間ちょいが経過しました。

こんなに経てばもう歩け・・・・ません!!
やっぱりまだ這ってます。

距骨傾斜角が15度以上だったら足首靭帯はズタボロの重症と言われるなか、脅威の38度という、足が取れなかったのが不思議なくらいの重症を負ってしまったワタクシ。

手術して繋げた外側靱帯も痛いけど、手術してない内側三角靱帯やその他周辺靭帯もボロボロで未だ腫れあがっています。そして超痛い。


とはいえ、当初と比べると格段には良くなってきていて、今日現在、「休め」の体勢ができるようになりました!
つまり左足7、右足3くらいの力のかけ具合で立ち上がることができます。
以前の全く足をつくことができなかった状態から見るとすごい進歩です。
色んな行動も幅が広がってきましたよ!


医者には手術した右足首が左足と同じように可動するように練習してくださいと言われたけど、こっちは全然ダメです。どんなにガンガっても左足の半分も動かない。 Σ(゚д゚lll)ガーン
自分では、もう動かない!ってくらいガンガってるんだけど、実際に見てみると全然動いてないんです。
ひどく靭帯を損傷した人の中には、もう何年も経ってるけど前のように可動させることができない・・・って言ってる人もいて、すごく不安になります・・・


先週病院に行って、「来週から歩く練習を開始しますよ」と言われたときは


(´ー`)。o O (きっと月曜日あたりには多少歩けるようになってるだろう)

と思ったけど、まぁ甘かったですね。
でも今週末くらいにはピョコピョコとでも歩きたいですねー。
多少なりとも歩けるようになればジムにも行けるし。

ただ、やはりボルダリングに復帰してもフック系や乗り込みとか、その他細かい足使いなんかはまだまだ数ヶ月かかりそうです。
ひょっとしたら前のようにはできないかも・・・という不安も。

しばらくは子分たちと3級あたりシコシコすることになるんだろうな。
ああ・・・おっさんの肉体は日々衰えていくというのに。


と、嘆いてみても仕方がないので多少復帰のためのトレーニングも開始しました。
もちろん全ての筋肉が衰えてるわけですが、右足以外で、一番露骨に筋肉が落ちたのが腹筋、背筋。
つまり体幹。
やはりずっと横になってたのが原因のようです。

腹筋とかって普段歩いてるだけでも使ってるようで、たったの3週間ちょっと寝てただけでブニョブニョになってしまいました。見事にお肉も乗ってます。これは元に戻すのは相当苦労しそう。

それにしても寝てばかりいるとここまで一気に落ちるとは、、、自分でもびっくりの弱体っぷりです。
懸垂マシーンにぶら下がって、勢いをつけずに両足を上にあげる腹筋。
以前は十数回できたんですが、昨日やったら6回が限度でした。

Σ(゚д゚lll)ガーン

は・・・半分・・・

しかも超プルプル。


色んなリハビリの道はまだまだ長いようだな( `_´)
ガンガルぞ

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

靭帯断裂地獄日記 手術後12日経過

さて、手術してから12日が経過しました。

今日は退院後、1回目の通院です。
松葉杖ついてヒーヒー言いながら行ってきましたよ。

病院の先生「じゃ包帯取りますね。」

きのこ「ば・・・抜糸ですか (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

先生「抜糸はしないんですよ。ここに貼ってるガーゼも勝手に溶けますのでほっといてください」

きのこ「(゚∀゚)!」

近頃噂の溶ける糸でした。
そして、傷口はまだ痛いけど、今日で包帯、シーネは終了!
今日から水につけてもOK!!

そして、動かす練習をします。

先生「左の足と同じくらい動くようにガンガってくださいね」

きのこ「イデデデデ!!ギャーーーーッス!無理無理!!」

先生「でもガンガってくださいね。徐々に動かす練習しないと固まっちゃいますから。大事ですよ」

きのこ「イデデデデデ!!」

傷口周辺が突っ張った感じがあって、さらにすごく硬いです。
左の足の半分も動かすことができない。

うぅっ、、、柔軟性が売りなのに・・・

先生「来週からはちょっとずつ足をついて歩く練習もしますから。靴持ってきてください」

きのこ「(゚∀゚)!」

ということで今日から動かす練習です。
まだ歩ける気はしないので家の中でも這いずりまわってますが、来週には少し足をつけるらしいぞ。

ちょっと疑心暗鬼だけど、希望が見えてきた!!
今月中に軽く登りに行くくらいはできるんじゃないか?

(゚∀゚)

| | コメント (2)

2010年11月 9日 (火)

靭帯断裂地獄日記 退院とその後

さて、手術後3日目、月曜日。
この日は退院日。
お昼頃退院することを伝えた。

看護婦「退院時の車の用意はできてますか?」

きのこ「いいえ。平日だしワタシは寂しく1人でタクシー帰るので問題ないです」

看護婦「(;゚д゚)....えっ、大丈夫ですか?気をつけてくださいね。」

ということで窓から見える枯れ枝は結局落ちなかったが退院することとなった。
ちなみに前日も痛みで一睡もできず。
DSも完全に飽きてしまって、全くやることもなく、すごくすごく夜を長く感じた。

退院の手続きをささっと済ませる。
治療費は全部で約12万かかった。(このあと高額医療保険適用でいくらか帰ってくるけど)

おまえら!壁に登る前に着地点に人がいるか注意しなかったり、または上で登ってる人に注意しなかったりするとこんな不幸な目にあうんだぞ。
特にエナジーは混みあってるうえに横や後から落ちてくる人がいっぱいいるから、特に初心者諸君は要注意したまえ。

もしくは絶対に落ちない強さを見につけたまえ。


さて、退院したものの足の状態は入院中とほとんど変わりません。
あとはただ安静にしてるだけ。

足は腫れていて、下にすると相変わらず強烈に痛いので松葉杖での移動はもちろん、家の中を這って移動するだけで痛みがこみあげる。

たかだが足首の怪我だけど、懸垂や、腕立て、腹筋など関係なさそうな運動でさえ全くできませんよ。
やはり家の中でも基本的に横になって足をずっとあげてる状態が続く。
超ストレス。


今回切った外側靭帯と逆側の内側靭帯もひどく痛い。なぜだかかと近辺の靭帯も痛い。
恐らく部分断裂してるのか。とにかくワタシの足首は今回相当なダメージを受けたようでもうズタボロである。

病院と違って段差ばかりの我が家。
トイレに行くのですら困難で、一番困るのはもちろん食事。
シャワーは足をぬらさないようにビニールをグルグル巻き付けて浴びることはできるけど、ひどく疲れる。
漫画の立ち読みはずっと片足で立ってることがすごくツライ。


正直1人暮らしのワタシはこんな状況ではまっとうな生活は無理だが、今回は子分Mが買い物はじめ色々とサポートしてくれたのですごく助かった。おありがとうございます。(-∧-;) ナムナム


足首には動かないようにシーネという固定器具(添え木みたいなもん)がつけられているんだけど、足が横にひねられたりすると強烈に痛んで

ギャーーーーーーーッッス!!

となってしまう。
寝てる間にちょっと足が横に倒れたりするとこれでバッチリ目が覚めてしまって、あまりの激痛っぷりにビビって眠れなくなってしまう日々が続いた。
相変わらず寝返りもうてないのでどっちにしろ2~3時間で起きてしまうけど。


~~~~~~~~~~~~~~~


手術後1週間。
やっとある程度痛みもひいてきて、ついに寝返りをうてるようになって6時間寝た。
怪我してから2週間経ってやっと眠れるように・・・
眠れるって素晴らしい。

ただ、寝てるときに無意識に足にグッと力をいれて伸ばしたり、ビクっとなって足首に力が入ると相変わらず

ギャーーーーーーーッッス!!!

と起きてしまうけど、以前よりだいぶ回数が減った。

今の悩みは包帯にかぶれてしまって超痒いことです。
まじ、超絶にかゆい。
ずっと包帯を巻いて、なるべく足を上にあげて血がドックンドックンしないようにしてたからなのか、掻くと急に血流が良くなって、すごく敏感になって痒さが100倍くらいになる。
痒さと痛さが混ざったようなすごい感覚。
これはツライ。我慢しなければ。


11月10日に再び病院に行く予定。そのとき抜糸とかするのでは?と予想している。
血とか出るのかな。ビビる。

だいぶ良くはなってるけど、まだ足の指は半分くらいしか動かないし、地面につくことなんて全くできない。
先は長いなぁ。

| | コメント (0)